カンボジアからの研修生特徴云々

日本への海外からの研修生を送る国の一つとしてカンボジアがあります。

カンボジアは経済発展のスピードが追いつかないので若い世代を交流のある先進国で海外で研修生として経験を積みさせて将来の国の発展に活動してもらおうと言う主旨があります。

またその一方で日本の場合国がカンボジアの支援をしているので日本で働きたいと言う思いが強いとされています。

この国の研修生での最大の特徴は2017年7月に日本と覚書(MOU)を締結した事です。これは航前に専門的知識や経験等を証明しなくても日本での技術研修を受けることを可能にする事で日本へ働きに出やすい環境を狙ったものです。

カンボジアの研修生についての意見を伺いました。

しかし基本的スキルが欠けているのでスキルの習得に無理が生じることとスキルがないので低賃金の労働でカバーさせ酷使してしまう恐れがあるとされています。
人種的に日本と近い性質で不利なことを押し付けられても円滑にするため感情を殺して笑顔で対応してしまう性質なのでブラックにこき使われ精神を病んで自殺に走る日本人と同じ羽目に陥ってしまう可能性がありその改善策を求められています。



評価に値する人種的スキルは手先が器用なことや視力が良い点です。



これは縫製や工場で有利な才能の一つです。

文化的に年配の人を敬ったり気配りを怠らない性質の国民性であるため言葉の問題などがありますが高齢者問題が山積みの日本の介護業界でも活躍できる場がたくさんあるのではないかと期待されています。