カンボジアより研修生を受け入れるにあたって

外国人の技能研修生の受け入れが少しずつ浸透してきている日本ですが、外国からの技能研修生を受け入れるメリットは、日本国内の労働力不足に対する対策と、研修生自身がその技能を身につけて帰国することにより、自国の発展を目指すというところにあります。

カンボジアの研修生を調べるならこのサイトです。

これまで数多くの中国からの人材を受け入れてきた日本ですが、ここ最近はカンボジアやベトナムなどを初めとするアジア諸国にその中心が移りつつあります。その理由は、受け入れ側の希望が中国以外のアジア諸国が多いというものと、中国自身の発展がめざましく、技能を日本で学びたいという人たちが中国国内で減少していることがあげられます。



受け入れ側の日本側としても、勤勉で真面目な国民性であるカンボジアからの実習生を求める声も多くあがっているのが現実です。



さて、日本で研修を目指すカンボジアの人々は面接や研修をこなした上で受け入れ先に派遣されます。
受け入れ先で大事なのは、ただ働くというだけでなく、技術や日本語を初め、日本の文化を吸収していくところにあります。そして技能実習生を受け入れるにあたって大事なのは、受け入れ先と実習生の両者のアフターフォローといえます。
日本の派遣団体は人材を派遣することだけでなく、アフターフォローに力を入れる必要があります。
アフターフォローを適切に行うことで、外国人を研修生として受け入れ、技能を教え、日本と諸外国のためになるという認識が少しずつ社会に広がっていくのではないでしょうか。