カンボジアからの研修生の実際

現在日本の企業の中にはカンボジアの若者が働いている場合が少なからずあります。

海外からの出稼ぎ労働者の場合もありますが、最近では日本が国として推進している外国人技能実習生制度を利用して来日している研修生である場合も少なくありません。

カンボジアは東南アジアの国の1つであり、今後の日本との関係において非常に重要な国となると考えられている国家の1つとしても知られています。


このような国から研修生を招く背景には、日本の産業技術を学び発展してもらいたいと言う国際貢献活動を行っていると言う事情があります。

最近のカンボジアの研修生のサイトが登場しました。

現在日本はカンボジアだけではなく広く東南アジアの様々な国が若者を受け入れて技能実習活動を行っているのです。



カンボジアもその中の1つとして日本企業の中で働く経験を積み重ねていると言う状態にあります。
このような国から研修生を受け入れることには様々なメリットが存在しており、単なる国際貢献活動以上の意味合いがそこにはあるのです。実際に研修生として働くことになる会社や団体は非常に多岐に渡ります。農業や漁業などに従事する場合もありますし、工場等において様々な製造業に従事する場合もあります。



いずれの場合も何かしらの技能を身に付けることができますが、それと同時に日本語や日本文化についても学ぶことができます。
このような環境の中で日本の文化に写真でもらうことも大きな目的の1つになっています。

今後日本がカンボジアに進出していく際に、日本に良いイメージを持ち、日本文化に親しんでいる人材が多ければ多いほどメリットもあると考えられているのです。